• ホーム
  • アイピル以外のジェネリック緊急避妊薬を比較

アイピル以外のジェネリック緊急避妊薬を比較

モーニングアフターピルは、性交時に避妊できなかった場合や心配な時に使うことができる緊急避妊薬です。
モーニングアフターピルを飲むことで望まない妊娠を防ぐことができるため、女性が自分の体を守り、悲しい思いをしないために使用する薬です。
モーニングアフターピルは、できるだけ早く飲むことが大切です。
遅くとも72時間以内に服用する必要があるため、避妊できなかったときや心配があるときに受診しても、夜間だったり休日だったりする場合には間に合わない可能性があります。

モーニングアフターピルは、望まない妊娠を避けるために作られた薬で受精卵の着床を防ぐための女性ホルモン剤です。
72時間以内にホルモン剤を服用することで、卵巣や卵管、子宮内膜に作用して排卵や受精、着床を防ぐことができます。
受精が起きてしまった場合でも子宮内膜への着床を防ぐことができるので、正しく服用することで避妊できる確率は高く、失敗することは少ないと言われていますができるだけ早く飲むことがとても大切なことを覚えておきましょう。

モーニングアフターピルとして有名なのがノルレボで病院でも処方される緊急避妊薬です。
緊急避妊薬であるノルレボのジェネリック薬として知名度が高い薬がありますが、他にもアンウォンテッド72やノーフェア72、シー72などがあります。
アンウォンテッド72やノーフェア72、シー72など、どのモーニングアフターピルも72時間以内に飲むことが必要なので、心配になる可能性がある人は身近に置いておくことをおすすめします。

モーニングアフターピルは、女性が自分で自分自身を守ることができる緊急避妊薬です。
通販の個人輸入を利用するとリーズナブルなジェネリック薬を購入することができ、手間や時間をかけずに手元にモーニングアフターピルを置いておくことができます。
休日などで間に合わなかったために望まない妊娠をして悲しい思いをしないために女性が選ぶことができる方法です。

アンウォンテッド72、ノーフェア72等の違いとは?

望まない妊娠を防ぐために開発されたモーニングアフターピルの中で日本で初めて承認されたのがノルレボです。
ノルレボは、レボノルゲストレルという成分を含んでおり緊急避妊薬として効果が高く、世界保健機構でも緊急否認の必須医薬品に指定されている安全性と有効性が世界的に認められている薬です。

レボノルゲストレルを含むモーニングアフターピルのノルレボのジェネリック薬で、成分が同じで価格が安価な物がアンウォンテッド72やノーフェア72等です。
どちらも72時間以内に服用することで避妊効果を得られるとされている薬です。
アンウォンテッド72は、副作用が比較的少ないと言われていますが、吐き気を感じる人もいるようです。
時間が経つと吐き気などの症状は治まることが多いのですが続くようだったり心配だったりする場合には病院に行って医師に相談するようにしましょう。

ノーフェア72もアンウォンテッド72と同様に、レボノルゲストレルを含むモーニングアフターピルのノルレボのジェネリック薬になっています。
ノーフェア72も比較的副作用が少ないと言われている薬ですが吐き気を感じる人がいるようです。
ノーフェア72もアンウォンテッド72も、吐いてしまった場合には薬の効果を期待できなくなってしまうので、再度服薬をしたり、医師に相談することが必要です。

モーニングアフターピルのジェネリック薬は、先発医薬品と比べて価格がリーズナブルで購入しやすいので、ジェネリック薬を利用してまとめて購入しておくことをおすすめします。
通販の個人輸入なら国内のインターネット通販と同じように簡単に購入することができます。
個人輸入といっても、日本語で説明が書かれており、写真も付いているので安心です。
正規品を取り扱っている信頼できるネット通販を利用することをおすすめします。