• ホーム
  • 超低用量ピルのヤーズはニキビやむくみにも効果あり

超低用量ピルのヤーズはニキビやむくみにも効果あり

ヤーズは月経困難症や生理痛を解消する治療として処方されています。
超低用量ピルと言われるタイプで、日本国内の医療機関では月経困難症など生理のトラブルを治療する目的で処方されているヤーズですが、実はニキビやむくみ解消にも効果を発揮します。

ヤーズの主成分はドロスピレノンとエチニルエストラジオールです。
ドロスピレノンは黄体ホルモン、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンという女性ホルモンと同じ働きをします。
合成ホルモンであるドロスピレノンは、ヤーズが日本国内で最初に使われたという特徴があります。

今までのピルを服用すると、ニキビができてしまうことも少なくなかったようです。
ピルの種類によってはアンドロゲン作用「男性化症状」を引き起こし、皮脂分泌が増えるケースがあります。
皮脂が増えると毛穴詰まりを起こすなどして、ニキビができやすい肌質になってしまいます。
ヤーズに含まれるドロスピレノンは、アンドロゲン作用を起こしにくくする特徴を持つ合成ホルモンです。
大人ニキビができやすいという人がヤーズを服用すると、皮脂分泌が抑制されニキビができにくい肌質へと変わります。

またドロスピレノンは利尿ホルモン由来の成分です。
水分の排出を促進する効果があるので、むくみ解消にも繋がります。
ニキビができてしまうこともあるピルですが、含まれている合成ホルモンの種類によってはむくみを引き起こすケースもあるようです。

ピルに含まれる卵胞ホルモンと同じ作用をする合成ホルモンは、水分を溜め込む性質があります。
ですので、ピルを服用すると顔などがむくみやすいという女性も少なくありません。
ヤーズの場合、利尿作用のあるドロスピレノンが入っているので、むくみにくいというメリットがあります。

今までピルで月経困難症などの治療をしてきたけれど、ニキビなどの肌荒れや体がむくんで辛いといった悲しい思いをしてきた人も、ヤーズに変更すればこのようなストレスから解放されるでしょう。

低用量ピルの3分の2のホルモン量が「超低用量ピル」

ヤーズは超低用量ピルと言われるタイプに分類されます。
ピルといえば避妊の効果がある薬というイメージがありますが、ヤーズの場合、日本国内の医療機関では避妊目的として処方されていません。
これはなぜかというと、含まれている合成ホルモンの量が、最小限に抑えられているためです。

ヤーズが誕生する前は低用量ピルが、合成ホルモンの含有量が少ないピルとして処方されてきました。
その低用量タイプと比較すると、ヤーズはホルモン量が3分の2までに抑えられています。
かなり合成ホルモンの量が少ないため、日本国内ではヤーズは避妊目的ではなく月経困難症の治療として、処方することが認められているようです。

ヤーズは、他のピルと比較すると副作用が起こり難いというメリットがあります。
ピルを服用すると副作用が出ると聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
服用したからといって必ず副作用が起こるとは限りませんが、体質によっては副作用を感じることがあります。

ピルを服用したことによって、体内の女性ホルモンのバランスが急激に変わったことにより、頭痛や腹痛、嘔吐といった症状が起こりやすくなります。
一般的に服用を続けて体が慣れれば、このような副作用は出にくくなると言われていますが、やはり体質によっては服用を継続したとしても副作用で辛いと感じることがあるかもしれません。

ヤーズは合成ホルモンの含有量が低用量タイプの3分の2に抑えられているというのに加え、自然な女性ホルモンの働きに近い作用をすることから、副作用が起こり難いと言われています。
ピルを服用すると、どうしても吐き気などの症状が出やすいという人は、ヤーズで治療を行ってみてはいかがでしょう。